消費者金融キャッシングではなく、個人間ででお金の貸し借りをして金銭トラブルが起きてしまいました。とても面倒なことになりました…。こういう時は誰に相談したらいいんでしょうか?金融機関が関わってないので、誰に相談すべきかよく分かりません…。

個人間での金銭トラブルは専門家に相談しましょう

個人間で起きた金銭トラブルは、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。個人同士でもめていても、いつになっても問題は解決しませんからね。まずはお金のトラブルを専門的に扱ってくれる専門家に相談し、その後の対処を進めてもらうことが第一です。自分たちだけで解決しようとすると、よりトラブルが大きくなってしまうこともあるため大変危険です。「面倒なことになってしまった」という実感があるなら、すぐにでも相談することをおすすめします。

また、このようなお金が絡むトラブルは消費者金融などのキャッシング会社が関わっている場合でも、専門家に相談することで解決策が見つかりますよ。たとえば返済することができなくなってしまった、複数のキャッシング会社で借り入れをしている、カードローンを使い過ぎて自己破産になりそう・・・など、何らかのトラブルが起きてしまった場合にも専門家に相談するようにしましょう。まずは利用している消費者金融とも相談することは必要ですが、それでもトラブルが解決しなかった場合は専門家に頼るようにしてください。

お金の問題は、ひとりで抱えてしまうと解決するどころかますますトラブルを呼び込んでしまいます。これ以上トラブルが大きくならないよう、これ以上トラブルが増えないよう、まずは今の質問者さん自身ができる対処法から始めてください。お金の問題に関して信頼できる弁護士や司法書士に相談し、あとは専門家に任せてみましょう。今の質問者さんができることは、とにかく現状を良くするために何らかの行動に移すことです。間違っても個人間でのもめ事を大きくするようなことのないよう注意してくださいね!

意外と面倒だから避けたい個人間の金銭トラブル

個人間の金銭トラブル、しかも知り合いや友人との金銭トラブルは意外と多いものです。
金銭トラブルというのは分かりやすく言えば「金返せ」のトラブルになります。かわいさあまって憎さ100倍という言葉もあるようで泥沼の争いになります。結果、金の切れ目が縁の切れ目となることも多いようですので、トラブルを避ける方法を考えてみたいと思います。

まず、一番の方法は当然ですが貸さないこと借りないことですね。ただ、藁にもすがる状態で、そんなことを言っていられないので友人にも頼る訳ですから、貸す場合にどうすれば良いかを考えましょう。

まずは書面に残すことです。友人・知り合い間の貸し借りは口約束という場合が多く、これが問題を起こしています。友人・知り合い間の貸し借りであっても借用書などの書面をしっかり残しておきましょう。借用書には貸したお金の金額、利率、返済期日、返済方法が書いてあって借りた人の署名捺印(捺印は三文判でも大丈夫です)があれば借用書として成立しますし、名刺の裏に書いてもらっても問題ありません。親しき仲にも礼儀ありなので友人・知り合いであってもしっかりと書面に残しましょう。

もし、書面に残せない場合は「貸した」「借りた」の証拠を残すためには銀行に振り込むのが良いです。現金でやりとりをしてしまうと金銭を渡した証拠が残りにくいのでトラブルが発生しやすいのですね。

トラブルを避けるためには書面化する、証拠を残すというのが予防措置になりますが、それでも返済されるか、返済されないかは心配ですし、万が一返済されない場合に督促はどうすれば良いかなど回収にも手間と時間がかかります。また友人、知り合いだからこそ微妙な感情も入ってやりづらいものでもあります。やはりトラブルを避ける一番の方法は貸さないこと、借りないことになります。

どうしても、借りる必要があるときはキャッシングや消費者金融などビジネスとして対応するサービスを選んだ方が結局はお互いのためにように思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 皆が借りてる¥カードローン¥って?→リアルな人気業者厳選紹介 All Rights Reserved.